東御市 上田市 小諸市 整体 指圧 ほぐしやブログ 脊椎間狭窄症

脊椎間狭窄症

 脊柱管狭窄症とは、脊柱管(背骨の中の空洞)が狭くなり、神経が強く圧迫され、足腰の痛みやしびれとなって現れる病気で、50代から増えはじめ、高齢になるほど多くなります。
 脊柱管の内部は、加齢とともに狭くなる宿命にあるので、年を取るほど症状が現れやすくなるのです。
 最近は70歳以上の2人に1人が脊柱管狭窄症になる可能性があり、50歳以上の腰痛の最大原因と考えられています。
 厳密には特定の病気を指す病名ではなく、脊柱管を通る神経が圧迫されて起こる病態の総称です。

 

 脊椎は、首の部分の頸椎、胸の部分の胸椎、腰の部分の腰椎に分かれており、脊柱管の狭窄はそれら3つの部分すべてで起こります。
 首に狭窄が起こった場合は「頸部脊柱管狭窄症」(頸椎症性脊髄症や頸椎症性神経根症ともいう)、胸の場合は「胸部脊柱管狭窄症」(胸髄症ともいう)、腰の場合は「腰部脊柱管狭窄症」と言います。
 単に、脊柱管狭窄症といえば、腰部脊柱管狭窄症を指すことが多いですが、首や胸にも起こります。
 脊柱管=背骨の神経の通り道で、圧迫されると痛みやしびれが出ます。

 

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症には3つのタイプがあり、それぞれ症状が違う

 脊柱管狭窄症は、神経が圧迫される部位によって…

  • 神経根型
  • 馬尾型
  • 混合型

 の3タイプに分かれます。
 ひと言で脊柱管狭窄症といっても、タイプごとに、患者さんの傾向や現われる症状、発症後の経過がずいぶん違うのです。

 

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症
 神経根とは脊髄の末端にある馬尾から左右に枝分かれした神経の根もとのことで、主に足の感覚や運動をつかさどっています。
 この神経根が脊柱管の狭窄によって圧迫された病型(タイプ)を、神経根型といいます。
 神経根は背骨の左側と右側にひとつずつありますが、その両方が一度に圧迫されることは稀です。
 通常、左右どちらかの神経根が障害を受け、症状も左足か右足のどちらか一方だけに現れます。
 これを専門的には「片側性」といいます。
 神経根型で特徴的な症状は、長時間立ちつづけたり歩いたりしたときに、神経根が圧迫された側の腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、すね、足裏にかけて坐骨神経痛(強い痛みとしびれ)が現れることです。

 

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症
 馬尾型とは、脊髄の末端にある馬尾という神経の束が圧迫されて発症するタイプのことです。
 神経根型は、左右どちらか一方の足に症状が現われる片側性であるのに対し、馬尾型は両足に症状が現れる両側性です。
 馬尾が圧迫されると、両足のしびれや痛み、さまざまな異常感覚、間欠性跛行(こま切れにしか歩けなくなる症状)が頻繁に生じます。
 馬尾型の場合、痛みはさほど強くないのですが、深刻なのは、お尻まわりの症状が多発することでしょう。
 下半身に異様な違和感が次々と場所を変えて現れるのです。
 例えば、左右両側のお尻や、お尻から足にかけて、広範囲にしびれやマヒが現れます。
 そのほか、お尻まわりの冷感や灼熱感、足の裏のジリジリ感、脱力などが生じてくるのです。

 

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症
 腰部脊柱管狭窄症で最もやっかいなタイプが、神経根型と馬尾型が合併した「混合型」です。
 症状としては、腰から足にかけての坐骨神経痛(痛み・しびれ)や間欠性跛行(こま切れにしか歩けなくなる症状)に加えて、お尻から足裏にかけて痛みやしびれとともに異常感覚が現われます。
 具体的には、冷感・灼熱感・足底がジリジリする・足底の皮膚が厚くなった気がするなどです。
 このような異常感覚は、専門的には「センソリー・マーチの症状」と呼ばれています。
 さらに重症化すると、排尿・排便障害まで現れてきます。
 具体的な排尿・排便障害の症状は、尿が最後まで出きらない、尿意が頻繁になる、尿意がはっきりしない、排便後にお尻をふいたのにその感覚がないなどです。
 また、歩行時に尿や便がもれ出てくることもあり、そのほか、股間のほてりなども起こってきます。重症化しやすく、手術を選択する人も少なくありません。

 

脊柱管狭窄症はなぜ起こる?

 脊柱管狭窄症の原因は、 脊柱管という神経の通り道が、なんらかの要因で狭窄してしまうこと、と考えられています。
 脊柱管が狭くなると、そこを通る神経が物理的な圧迫を受け、足腰の痛みやしびれが生じてしまうのです。
 しかし、ひと口に「脊柱管の狭窄」といっても、狭窄を招く可能性のある要因としては、6つのことが考えられ、それぞれが単一でなく複雑に絡み合って脊柱管を狭窄させている場合がほとんどなので、非常にやっかいです。

 

脊柱管が狭くなる6つの要因

1.椎間板の変性
2.椎体の変形
3.椎間関節の変性
4.靭帯の肥厚
5.椎体がずれた腰椎すべり症
6.腰椎が曲がった変性側弯

 

狭窄症の大きな原因は「姿勢」です

 体を支える背骨は、横から見るとゆるやかにS字の弯曲を描いています。
 ところが、脊柱管狭窄症に陥っている人では、背骨を守るのに重要なS字カーブのくずれている人が非常に多く見られます。
 具体的には、前弯していなければいけない頸椎は、ゆるやかなカーブが失われてまっすぐな状態になります。
 こうした状態は「まっすぐ頸椎(ストレートネック)」と呼ばれています。
 また、胸椎では後弯がさらにひどくなる「曲がり胸椎(ネコ背)」の状態に陥ります。
 さらに、腰椎では頸椎と同様に前弯が失われてそのまま硬直してしまう「腰椎の硬直(腰曲がり)」が起こります。

 

脊椎間狭窄症は、前かがみ姿勢が引き起こしている

 背骨のS字カーブがくずれてしまうのは、加齢による筋肉や骨の衰えも大きく関係していますが、特に脊柱管狭窄症の患者さんに関していえば、前かがみ姿勢を頻繁に取ることが元凶になっているといえます。
 脊柱管狭窄症の患者さんには、日ごろから前かがみ姿勢を取るのが習慣になっている人が数多く見受けられます。
 前かがみ姿勢を取ると、狭まった脊柱管が広がって神経への圧迫が弱まるため、足腰の痛みやしびれなどの症状が緩和されます。
 そのため、整形外科医の中にも、日常生活でなるべく前かがみ姿勢を取るように患者さんにすすめる医師が数多くいます。
 しかし、楽だからといって頻繁に前かがみ姿勢を取りつづけていると、背骨のS字カーブがくずれてしまい、脊柱管狭窄症の悪化を招くことになります。
 ですから、そのことを意識して、まずは運動療法を取り入れてみましょう!

 

首・胸・腰・足の異変を正す4つの方法

 脊柱管狭窄症につながる体の異変を解消する運動療法を紹介します。

 

1.まっすぐ頸椎(ストレートネック)を改善する「水平あご引き」

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

2.背骨のS字カーブを取り戻す「スーッと背伸び」

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

3.腰椎の硬直を和らげるには仰向けで「片ひざ抱え」

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

4.前傾姿勢が改善され長く歩ける「足裏三点立ち」

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

脊柱管狭窄症の運動療法

 

とにかく歩く

 脊柱管狭窄症の方の運動で、一番大事なことは、「歩ける範囲で歩く」ということです。
 脊柱管狭窄症の方で、間欠性跛行といって長い時間歩いていると、しんどくて休む、休むとまた歩けるといった症状があります。
 例えば、この間欠性跛行があり、歩ける時間が3分だとします。
 3分しか歩けないのに、ウォーキングってどうなの?と思うかもしれないんですが、それでも歩くことは大事です。
 公園など、ベンチがあるところで歩き、ちょっと違和感が出てきたら、休んでを繰り返して、ウォーキングを行なってください。
 痛みやしびれが出た場合は、決して無理をして歩かないでください!
 できるだけ姿勢を意識して、動ける範囲で歩いてください。
 動かないと、筋力も低下しますし、血流も悪くなってしまいます。
 中には、杖をついて歩いたり、押し車を押して歩いたりする方もいると思いますが、押し車を押していると、体が前傾姿勢になるので少し歩けるようになります。
 ただあまり、杖や押し車に頼り過ぎると、中腰姿勢をするので、逆に腰がどんどん曲がってくることもありますので、杖や押し車にあまり頼り過ぎないように気を付けて下さい。
東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

エアロバイク

 また天気に左右されないエアロバイクがオススメです。
 歩くことに比べて、全身運動にはならないのですが、足腰の筋力強化や維持、また足の筋肉を使うことで、ポンプ作用が働いて全身の血流を良くしたりとか、下半身の筋力をつけるという意味合いではすごく良いと思います。
 エアロバイクの場合は、少し前傾姿勢でできるので、痺れが出にくいのが特徴です。
東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

バタ足体操

 体操としては、バタ足体操というのがあります。
 脊柱管内の血流が改善し、背筋が鍛えられるのが特徴です。
東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症 

 

脊柱管を広げるストレッチ

 脊柱管狭窄症の腰痛改善のためのストレッチです。
東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

椎間板の除圧をおこなうストレッチ

 背中を反るストレッチですので、決して無理はしないでください。
東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 

 まだまだ色々な運動療法がありますが、人によって適しているモノと適さないモノもありますので、ここでは割愛させていただきます。

 

 ほぐしやでは、脊柱管狭窄症の方に対して、色々な観点から見立てを行ない、色々な種類の施術の中から適したモノを選択し、アプローチしております。

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,脊椎間狭窄症

 ご興味があれば、「ほぐしや」へお越しくださいませ。
 お教えいたします。
 Tel 0268-64-4948

 

関連ページ

寝た時、膝が浮いてる人は注意!
ほぐしやBlog  自分の寝姿って気になるよね?! 寝た時、膝が浮いてる人は注意が必要です!
温湿布と冷湿布
ほぐしやBlog 湿布について 温湿布と冷湿布
AKBの「フライングゲット」のポーズ
ほぐしやBlog 肩コリには、AKBの「フライングゲット」
肩甲骨をゆらゆら
ほぐしやBlog 肩甲骨をゆらゆらすると…
ダンス編 股関節ストレッチ
ほぐしやBlog 股関節の開きが悪い人に…
肩こりによく効く体操
ほぐしやBlog Twitterでも話題になったの「肩コリによく効く体操」です。  病院でも教えている肩コリ体操ですが、これが結構効くと評判なのです。
猫背チェック
猫背のチェックと改善方法を教えます。
こむら返り
寝ている間の『こむら返り』を一瞬で治す画期的な方法
冷え性に効く4つのツボ
冷え性に効く4つのツボを教えて、さらに経絡指圧でのツボ押しの基本とタイミングを教えます。
長時間すわってると身体に良くない?
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 今回は長時間座っている人へのストレッチング方法を書きました。
肩コリや腰痛や膝痛などに防寒対策
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 今回は、防寒対策でのポイントは、血液を温めて、循環を良くすることについて書きました。
ダウン・レッグウォーマー
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ダウンレッグウォーマーにハマってます。
揉まずに伸ばす! 肩こりに効くストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 筋膜リリース・ストレッチの一部です。
猫背を改善するストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 その腰痛、猫背が原因かもしれません
マッケンジー体操
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 慢性的な腰痛の改善にマッケンジー体操を紹介します。
腰痛関節体操
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 1日1分でできる、腰痛になった時の痛みを和らげる腰痛関節体操を紹介します。
胸郭出口症候群
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。   首や肩の、強い肩コリだけでなく、腕に“だるさ”や“しびれ”を感じてきたら、注意が必要です。  もしかしたら、胸郭出口症候群かもしれません。
肩コリの施術にアプローチしている筋肉
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 肩コリの施術で、どれだけの筋肉に対してアプローチしているかを公開します。
長座丹田呼吸エクササイズ
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 長座丹田呼吸エクササイズについて書きます。
ストレッチポール
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ストレッチポールは、日常の積み重なる動作のクセで出来てしまった「体のゆがみ」を自分で改善できる器具です。
ストレッチについて
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ストレッチには、大きく分けて、「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」があります。
コアストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 コアストレッチとは、からだの中心にある筋肉に柔軟性をもたせ、疲労の蓄積を防ぐことを目的としたストレッチです。スポーツ選手などがパフォーマンス向上のために取り入れた体幹トレーニングなどに用いられていましたが、最近、特に美容や健康に関心のある多くの人に注目されているものです。
腰と肩の筋肉の関連性
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 腰と肩の筋肉の関連性について話をします。
なぜお医者さんに行っても腰痛は治らないのか?
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 「なぜお医者さんに行っても腰痛は治らないのか?」について話をします。
ダンス編 解剖学的ダンス理論
ほぐしや院長のBlogです。 大人になってからダンスを始めた人は、運動感覚(体を動かした時の感覚)に、個人差が激しくあります。そして、怪我をよくするダンサーとそうでないダンサーの決定的な違いは、基本姿勢にあります。
アナトミー・トレイン
ほぐしや院長のBlogです。  ご存知のように、僕の手技は、経絡指圧と整体を複合しております。  そして、根本的な理論は、「筋膜のつながり」であり、アナトミー・トレインが基になっております。
幸せホルモン「セロトニン」
ほぐしや院長のBlogです。  セロトニンとは、別名「幸福ホルモン」とも呼ばれ、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える働きがあると言われています。
ひめトレを使った恥骨体操
ほぐしや院長のBlogです。 ひめトレを使った恥骨体操を教えます。
腰痛改善にもなる股関節ストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。 腰痛改善にもなる股関節ストレッチを教えます。
疲れの原因は?
ほぐしや院長のBlogです。 疲労回復のメカニズムをよく知れば、効果的な回復方法が見えてきます。  疲労は、肉体的疲労・精神的疲労・神経的疲労の3つに大きく分けることができます。
強もみ・強いマッサージが危険?
ほぐしや院長のBlogです。 強もみ・強いマッサージが危険? 強揉み・強押しは「悪」なのでしょうか?
なぜ膝痛は治り難いのか…
ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の場合になると、なんでも「変形性膝関節症」と一言で片づける事が多いですが、実に多くの膝痛の種類があります。
立ち上がる時に膝が痛む原因とは?
ほぐしや院長のBlogです。 膝痛には多くのしゅるいがありますが、立ち上がった時に発症する場合、4つの原因が考えられます。
あなたの股関節の状態は?
ほぐしや院長のBlogです。 股関節が脚の老化に深い関係があるって本当ですか? 今回は股関節と膝の関係をお話しします。
梨状筋(りじょうきん)ストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。腰痛や座骨神経痛と勘違いされがちですが、「梨状筋症候群」というのもあります。 椅子に座るときや立ち上がるとき、腰や太ももに痛みが走る時… その痛みの原因として多いのが「梨状筋症候群」です。 今回は梨状筋についてお話しします。
陰ヨガ
ほぐしや院長のBlogです。  陰ヨガは、体の硬い人向きのヨガです。 一般的なフィットネス系ヨガとは違い、メディカル系のヨガと考えても良いでしょう。 今回は陰ヨガについてお話しします。
ストレッチポールで体幹トレーニング
ほぐしや院長のBlogです。  ストレッチポールで、体幹トレーニングをすることが出来て、バランス力を鍛えることが出来ます。
足首回しで骨盤矯正
ほぐしや院長のBlogです。  足首回しを習慣化することによって、骨盤矯正効果や、冷え・むくみ解消など、幅広い健康効果が得られます。
尿モレ対策(男性版)
ほぐしや院長のBlogです。  用を足した後の「ちょいモレ」。 自分だけかも・・・と不安を感じている方も多いのでは? そんなことはありません! 尿モレには骨盤底筋群を鍛錬するのが一番効果的です。
尿モレ対策(女性版)
ほぐしや院長のBlogです。   思い当たる方ならぜひとも解決したい尿漏れ。  尿漏れの種類は大きく分けると2つあり、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁です。 尿モレには骨盤底筋群を鍛錬するのが一番効果的です。
捻挫は股関節が原因?
ほぐしや院長のBlogです。  捻挫は足首が原因ではありません。 股関節の使い方の問題です。
腰痛や肩コリや背中の張りは内臓が原因?
ほぐしや院長のBlogです。   内臓整体によって施術し、臓器の機能が回復すると、関連している腰や背中の筋肉が自然と緩むため、コリや張りが解消します。
改善されたでしょう!それって本当?
ほぐしや院長のBlogです。  僕なら、患者さんに触らずに前屈率をたった1分で上げてみせます!(笑)
寒さと腰痛の意外な関係性
ほぐしや院長のBlogです。  寒さと腰痛の意外な関係性を知ってますか? 4つの原因とその対処法をお教えします。
アクティブ・アイソレーテッド・ストレッチ(AIS)
ほぐしや院長のBlogです。  よく耳にする静的ストレッチ(伸ばして60秒維持する)は、組織を傷つける可能性もあります。 アクティブ・アイソレーテッド・ストレッチ(AIS)では弱めの力で押し2秒間のみ維持するストレッチ法で、怪我のリハビリや稼動域を広げ、柔軟性を高めるのに適しているとされてます。 AISのトレーニングは、身体の構造に沿った動きを取り入れ、筋肉や筋膜組織を伸ばします。不要な力をかけないため、身体の防御機能が反応することがなく、安全で効果的なストレッチや全身の柔軟性の妨げとなることがないのです。
仙腸関節は動かない?
ほぐしやBlog 基本的に整形外科では、骨盤の中の仙腸関節は動かないと言われています。 解剖学の教科書では、仙腸関節は不動関節(動かない関節)として紹介されております。 しかしながら、実際に整体や指圧などで、臨床に出てみると「あれっ?動くんじゃない?」って思われた先生も多いと思います。
前屈が苦手な方へ!
ほぐしやBlog 前屈が苦手な方へ! ハムストリングスの柔軟性を高めるコンディショニングです。
足がつる!
ほぐしやBlog 足がつる原因は、筋肉を動かすための指令を出す運動神経の一部である「運動神経末端」に不具合が起き、暴走してしまうことです。
首・肩・腕・手のストレッチ
ほぐしやBlog 首・肩・腕・手のストレッチの方法を教えます。
腸もみダイエット
ほぐしやBlog お腹の調子を整える「腸もみダイエット」。 「腸もみダイエット」は、ダイエット効果の他に、便秘や頭痛、下痢、慢性病などの改善になり、ストレス解消にもなります。
筋膜リリースとストレッチの違い
ほぐしやBlog  ストレッチと筋膜リリースとは、何が違うのでしょうか?  一般的なストレッチでも筋膜は緩まりますが、目的が異なります。
グリットフォームローラーを使った筋膜リリース
ほぐしやBlog  グリットフォームローラーという器具を使った筋膜リリースの方法を紹介します。
キャンセルについて
ほぐしやBlog キャンセル料はいただいておりません。
5秒腹筋
ほぐしやBlog 5秒腹筋の特長は、立ったままの体勢で手軽にできることです。 名前のとおり時間は5秒かけて行う方法で、しかも、特定の場所・筋肉を集中的に鍛えるため見た目より効き、部分痩せが狙えるというダイエットエクササイズです。 5秒腹筋で鍛えるのは、もちろん腹筋(お腹)です。
ダンス編 姿勢を「引き上げる」
ほぐしや院長のBlogです。 姿勢を「引き上げる」の本当の意味は?
筋肉と腱と靭帯の違い
ほぐしやBlog 体が動くためには、骨と筋肉が必要です。医学的にはこの2つを合わせて、筋骨格系とか運動器系と呼びます。簡単に言うと、骨が支えて、筋肉が伸び縮み(伸縮)して始めて身体は動く、という事になります。 筋肉と腱と靭帯の違いってなんでしょうか?
筋肉痛の本当の理由
ほぐしや院長のBlogです。 実は、「乳酸が筋肉痛の原因」という説は誤りだといわれているのです。筋肉痛の本当の理由とは?
代謝機能を上げる脂肪とは?
ほぐしや院長のBlogです。 脂肪には「蓄える機能の白色脂肪細胞」と「燃やす機能の褐色脂肪細胞」の2種類があり、年齢とともに燃やす機能のある褐色脂肪細胞が働かなくなることで、痩せにくくなると言われています。
後屈のストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。 後屈のストレッチは、現代人の肩がすくんで胸が閉じやすい状態を改善させ、呼吸を深めてくれます。  しかし、後屈は間違ったやり方をすると、健康になるどころか腰痛になってしまいます。  後屈のストレッチは、正しいやり方で行ないましょう!
真向法体操
ほぐしや院長のBlogです。真向法体操は、たった4つの体操を3分間行なうだけの非常にシンプルな体操です。 股関節を中心に呼吸と合わせて運動(ストレッチ)することにより、体調不良、腰痛、肩こり、血液循環の改善、歪んだ骨盤や姿勢を整え心身をリフレッシュする効果があります。 また真向法にて体を柔らかくしていったら頭も柔軟になってきます。
首姿勢
ほぐしや院長のBlogです。 首の姿勢の矯正方法 (首を起こし、胸を開き、お腹を引っ込める)を紹介致します。
足裏湿布
ほぐしや院長のBlogです。 足の裏にサロンパスを貼ると 健康に効果的なんだそうです 就寝前に貼ることで 足の疲れやむくみが取れるほか 足の裏は体の末端にあたるので 刺激することで全身の血行が良くなり 安眠やスッキリした目覚めができるそうです。
膝痛ストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。 慢性的な膝の痛みはとても辛いもの。何をするにも膝は使いますから常に嫌な痛みが付いて回ります。 加齢に伴い下半身の筋力が落ちてくる高齢者や、肥満の為に膝への体重の負荷が大きい人は膝の痛みが出やすい傾向にあります。 そこで、自分で簡単に出来る膝の痛みに良く効くセルフストレッチをご紹介します。
バランスボール
ほぐしや院長のBlogです。  バランスボールは座るだけで平衡感覚を身に付け、体のゆがみを整えることができる優れものです。  インナーマッスルを鍛えられるのはもちろん、脂肪燃焼や腰痛の軽減などにも役立ちます。
180度開脚への道
180度開脚は、僕にとっては、不可能に近い取り組みであり、「憧れの180度開脚」と呼んでも良いくらい難しいです。 まだまだ身体の硬い僕が、挑戦してみます。  但し、僕の身体の構造上無理があると思うので、たとえ180度までいかなくても、150度ぐらいの開脚で前屈して肘が付いた程度で、取り敢えず「目標達成」とさせていただきます。
背中のハリを解消するストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。  肩コリや背中のハリや疲労感は、集中力を低下させ、仕事や家事に悪影響を与えます。  ストレッチをしていても、日常生活で背中に負担をかけていたら痛みを改善することが難しく、最終的には姿勢に関連してきますが、ここではひとまずおいておいて、一人でできる効果的な背中ストレッチの方法をお伝えします。
産後の骨盤矯正
ほぐしや院長のBlogです。  産後の骨盤矯正やリフォームには様々な方法がありますが、出産後1ヶ月はまだまだ体の回復期なので、軽めの骨盤矯正から始めるのがおススメです。
家でもやってみよう
ほぐしや院長のBlogです。 僕が理事を務めているNPO法人CFM実行委員会が作成した「家でできる運動」です。
脹脛がツリやすい人
ほぐしや院長のBlogです。  脹脛(ふくらはぎ)がツリやすかったり、脹脛(ふくらはぎ)が常に固いと感じている人… ・マッサージをしたけど、なかなかほぐれない。 ・ストレッチをしても、効果は一時的。  そのような方は、普段からふくらはぎの筋肉を使ってしまう癖があります。
疲れが慢性的なら動的ストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。  一般人には大きな柔軟性が必要となる場面はそうなく、それよりも体をほぐして大きく動かせたほうが毎日を快適に過ごせますので、動的ストレッチをオススメしております。。
ばね指改善方法
ほぐしや院長のBlogです。  ばね指は弾発指とも言い、いわゆる指の腱鞘炎のことです。一般的に女性の人に多いといわれています。 今回はばね指の改善方法をお知らせいたします。
ジャックナイフ・ストレッチ
ほぐしや院長のBlogです。  一般人には大きな柔軟性が必要となる場面はそうなく、それよりも体をほぐして大きく動かせたほうが毎日を快適に過ごせますので、動的ストレッチをオススメしております。。
ランニング時の膝の痛み原因と対策
ほぐしや院長のBlogです。 平地歩行では平気なのに、階段の昇り降りやランニング、椅子の立ち座りなどで痛む… そんなことありませんか? 走るとヒザのお皿の下が痛む… その原因は? 走り始めに痛みがきて、しばらくすると軽減してくる気がする… どうして? そんな、ランニング時の膝の痛み原因と対策をレポートしました。
膝痛について
ほぐしや院長のBlogです。 膝痛には、運動療法と体操療法による「筋力をつける」ということになりますが、そこにいくまでの過程が必要なのです。
膝痛について(パート2)
ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の根本的な治療には、大腿四頭筋を鍛えれば膝の痛みは治ると言われておりますが、それはやって良いという時期的なモノがあります。
膝痛について(パート3)
ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の根本的な治療には、大腿四頭筋を鍛えれば膝の痛みは治ると言われておりますが、それはやって良いという時期的なモノがあります。
根本治療について
ほぐしやがセルフケアにこだわる訳は、お客様の身体を根本治療の領域(再発ゼロにする)に少しでも近づけるためです。