東御市 上田市 小諸市 整体 指圧 ほぐしやブログ キャンセル料はいただいておりません

キャンセル料について

 

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,キャンセル料はいただいておりません

 

 僕のお店でも「キャンセル」という事象がしばし起こります。
 僕はキャンセル料もいただかないし、次回の予約を促すこともしません。

 

 もちろん、怒りもしません。
 「運気下げてしまって可哀想に… またご縁があったらねぇ」と心の中で思うだけです。
 キャンセルすると、色々な意味で「運気を落とす」というのは、キャンセルが多い人を観察していると強く感じております。
 「キャンセルをしない」で行動すると、「自分の意志で決めて行動している」という意識が高まります。

 

 それは、仕事でも遊びでも人生でも、大きな軸になります。
 「仕事が入ったので、キャンセルします」と言うのは、よく聞くし言ってしまうセリフです。
 しかし、これらは、「自分の意志では人生決められません」と言っているようなものだと思います。
 ちなみに僕は、自分の決めた道を覆すようなことはしたくないので、余程の事がない限り、キャンセルはしません。
 だから、「行く?」って聞かれても、即答はあまりしませんが、決して気乗りしない訳ではありません。
 約束したその日、起こるだろう事を頭の中で想定して、行けるようにスケジューリングして、返事をしています。

 

 逆にキャンセルされた時にも、怒りはしません。
 「運気下げちゃって…可哀想に…」と思うだけです。
 正直に言うと、以前は怒ってましたが…(笑)

 

 キャンセルで怒ると、僕の方も波動が狂い、他で似たようなことを自分がしてしまったり、何かしら別のことでやらかしてしまいます。
 きっと、誰かに迷惑をかける事が起こるだろうと思っております。

 

 それと…

 

 一度決めたことは、多少気乗りしなくても、先約を通すと意外な収穫があったりするので、やっぱり先約を守る意味って大きいのです。
 その時間軸のスペースに、真っ先に一番に入ったと言うことは、何か必ず意味があります。
 それに、キャンセルを減らそうと頑張ったり、キャンセルに怒ったりするよりも、自分がキャンセルをしない、先約を守るということをしていけば良いのだとも思ってます。

 

 運とは巡るものですから…

 

東御市,上田市,小諸市,整体,指圧,ほぐしや,キャンセル料はいただいておりません

 予約しにくい事書きましたが、それでもご興味を持っていただければ、「ほぐしや」へ、お電話くださいませ。
 お待ちしております。
 Tel 0268-64-4948

関連ページ

エキテン・ステッカー
ほぐしやBlog エキテン 評判のお店
トイレのリフォーム
東御市で開業して、はや12年が経ちました。 そこで、人目にはあまりつかないけれど、トイレのリフォームを行ないました。
ほぐしやデジタル化サービス・カスタマーセンター
ほぐしやBlog アナログな指圧店”ほぐしや”が、シニア世代のデジタル化サービス・カスタマーセンターとなっている。(笑)
誕生日カードありがとう!
ほぐしやBlog メッセージカードありがとう! でも…
血流と感情が一気に…
ほぐしやBlog 血流と感情が一気に溢れだし…
ラ・フランスのチョコ
ほぐしやBlog 米沢土産のラ・フランスのチョコレート
野草のようにひっそりと…
ほぐしやBlog 野草のようにひっそりとしながらも、癒してくれる… そんな存在になりたい。
看板
ほぐしやBlog 広告屋に騙されたぁ! あぁ看板…
怪しいセミナー
ほぐしやBlog 怪しいセミナーなんてやってないよ!
「ゴッドハンド」は誰もがなれる!
ほぐしやBlog 今やゴッドハンドは大安売り状態!
今治産タオル
ほぐしやBlog 今治産タオル
チャリティー・イベント
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 新年のチャリティー・イベントに参加しておりました。
講習用DVD
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 整体の世界も日進月歩です。 次から次へと新しい施術や概念が出て来ます。
靴紐の結び方
ほぐしやBlog 靴紐の結び方が悪いと体の歪みが生じてしまう
ブレスレット
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。  昔から付き合いのある業者さんが来られて、ブレスレット買って欲しいとお願いされました。
笑い文字
ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。  笑い文字
トイレのタオル
ほぐしや院長のBlogです。 お店のトイレのタオルは衛生的だよ。
疼痛治療大学
お客さんが多すぎて休みが取りづらい。  整体技術を高めるために、研修やセミナーなどに参加したいが、その時間も年に数回取れれば良い方だ。  それに、みっちりと最初の取っ掛かり程度ではなく、もっと深く詳しく研修を受けたいものもある。  散々考えた末に、疼痛治療をオンラインで学ぼうと思いました。